手汗に対する即効性のある対処法

手汗に対する即効性のある対処法

私は手汗がひどくて昔から困ってきました。
学生時代はテストの解答用紙が手汗でびちゃびちゃになってしまい、文字がかすれたり、用紙が乾いたあとにくしゃくしゃになるということや、体育祭のプログラムにフォークダンスが組み込まれていて異性と手をつなぐというで緊張して余計に手汗がとまらなくなったり。
友達とテレビゲームをしていても、自分の握ったあとのコントローラが湿ってしまうのが嫌でティッシュを挟んで操作したり。
現在でも交際している彼女が手汗をすごく嫌がるので、デートのときにせっかく彼女から手を差し出してくれたとしても「ごめん。いま手汗ひどいから」と遠慮してしまい、なかなか手をつなぐことすらできません。
その他にも、ペンを握っている手がすべってしまったり、スマホの画面が水分で反応しづらくなってしまったりと散々なことが多いです。
強いてメリットを挙げるなら、紙の束をめくるときに指先が潤っているのでめくりやすいくらいのものでしょうか。

 

こうして無理矢理利点を挙げないとでてこないくらい手汗がひどいことによる悪影響は大きいのです。
なんとかこうした山のようにでてくる手汗の弊害を少しでも抑えようと、試行錯誤してきたのですが、そこで今現在の対処法として行き着いたのがベビーパウダーを持ち歩くという方法です。
ベビーパウダーは水分を吸収してくれる効果があるようで、夏場のお風呂上りなどに汗のでやすい場所につけるとサラサラになるので利用されている方も多いかもしれません。
これを小さなフタつきのケースにいれて、トイレなどにいった際、定期的に薄く手につけてこするとすぐに効果があらわれます。
ポイントは薄くというところです。
モノに触れたり、人に接触しない場合は多少大目につけても問題ないと思いますが、効果を持続させようと大量につけてしまうと、気付かないうちに色々なところに粉をまき散らしていたり、つける際に服に粉がついてしまったりということがあります。
あまり心配せずとも薄くでもそれなりに効果を発揮してくれます。
ただしこれも過剰に信頼を置きすぎることはできません。

 

ベビーパウダーの利点は、安くどこでも手に入ること(もし自宅に忘れてもドラッグストアにいけばだいたい売っている)、即効性が高いこと、安全性が高いことが主に挙げられると思います。
逆に欠点としては持続性に欠けるというところです。
この点をカバーするために「定期的」につけるということが大事になります。
そのため私は、人目につかないところであればパッとポケットから取り出して手にとるという習慣をつけています。
正直に言えばかなり面倒ではありますが、これをすると一時的には手汗の悩みから解放され、非常に快適に過ごすことができます。
慣れるまでは色々と気を使いますが、もしすぐにでも何か効果のあることを試してみたいという方にはオススメです。
根本的な解決にはなりませんが、即効性というのは手汗で悩む方にとっては大きな利点になると思います。

 

手汗に対処するグッズ